housing guide

introfinancialqualitygroundguarantee
guidance

安心の保証とメンテナンス

あなたが建てるマツケンホームの家はあらゆる面で守られています

地元の中小工務店や住宅会社に、家づくりをお願いする時に不安になるのが保証とメンテナンスについてだと思います。そこで、保証とメンテナンスについてお話をしたいと思います。少し難しい話ですが、大切なことなので、知っておいてください。

平成19年に、第166回通常国会において「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(平成19年法律第66号)※住宅瑕疵担保履行法」が成立・公布されました。これは、どんな法律かというと、新築住宅の売主等は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づき、住宅の主要構造部分の瑕疵について、10年間の瑕疵担保責任を負うということです。

この法律が制定された理由として、残念なことですが構造計算書を偽装した建築家がいたからです。その結果、売主等が瑕疵担保責任を十分に果たすことができない場合、住宅購入者等が極めて不安定な状態におかれることが明らかになりました。私たちには信じられませんが、ヒドイ話です。このため、国が重い腰を上げ、住宅購入者等の利益の保護を図るために制定されたのがこの「住宅瑕疵担保履行法」です。

10年間の瑕疵担保責任

新築住宅を供給する事業者は、住宅の構造耐力上主要な部分、および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して、住宅の基本的な耐力性能、もしくは防水性能を満たさない場合に、住宅事業者が住宅取得者に対して10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負っています。

平成21年10月1日よりスタートした住宅瑕疵担保履行法は瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けています。
なお、マツケンホームは、住宅瑕疵担保責任保険法人 株式会社ハウスジーメンに加入し、第三者機関による厳密な検査、各種保証を受けて建築を行っております。

第三者機関

株式会社ハウスジーメン / 財団法人 住宅保証機構 / 日本住宅保証検査機構 など

2020年省エネ基準を楽々クリア

現代の家づくりにおいて最重要テーマの1つが「省エネ」。日本における住宅の省エネ基準は、1980年に初めて設けられて以来、1992年、1999年に強化され、特に1999年の改正は全面的な見直しを伴うもので「次世代省エネルギー基準」と呼ばれてきました。そして、新たな基準として東日本大震災後の2013年に導入されたのが「改正省エネルギー基準」です。これまでの基準は義務ではなく一つの目安でしたが、改正された省エネ基準は2020年に全ての新築住宅を対象に義務化が予定されているものです。

国の進める低炭素化社会へ向けてのロードマップ

旧基準の「次世代省エネルギー基準」は、建物の外皮(壁や開口部など冷暖房する空間と外気を仕切る部位)を断熱性能だけで評価されるものでしたが、「改正省エネルギー基準」は、新しい計算方法を採用した「外皮の断熱性能」に加え、「一次エネルギー消費量」という2つのモノサシで評価されるのが特徴です。一次エネルギー消費量は冷暖房をはじめ、換気、照明、給湯などの設備機器の性能から算出され、太陽光パネルによる再生可能エネルギー発電機器の有無、外皮の断熱性能も評価に加味されます。
つまり、これからの家づくりは、建物自体が高断熱性能を装備していることに加え、省エネ型の設備機器を搭載していることが必須となっていくわけですが、マツケンホームでは既に「長期優良住宅」「2020年の省エネ基準」を大幅に上回り、「2030年の省エネ基準」を見越して家づくりを行っています。

第三者機関

所轄行政庁(都道府県知事または市町村長)/ 登録住宅性能評価機関

地盤保証

マツケンホームでは、上記第三者機関の基準に基づいて、地盤調査・地盤改良工事を経て現場検査を受けています。 万一、地盤の不同沈下による建物の損害が発生した場合、お引渡し日より20年間、最高5000万円が保証されます。

第三者機関

ジャパンホームシールド株式会社 / 住宅不動産資産価値保全保証協会

施工品質監査レポートの発行

第三者機関の国家資格(建築士)を有した現場監査士による監査報告書を「施工品質レポート」として抽出。事業者に属さない第三者的有資格者が監査基準に適合しているかどうかをチェックして品質を裏付け、実施した現場状況の傾向を抽出して具体的な対策を打ち出します。
施工の課程でこのような客観的な監査を計10回実施します。

第三者機関

株式会社ネクストステージ

10年間のアフターメンテナンス

家を建てさせて頂いてからが、本当のお付き合い。

メンテナンスは、それぞれの中小工務店や住宅会社で違うと思いますが私たちマツケンホームでは、「家づくり」は、お引渡しをしたら終わりでなく暮らしの変化や年月の経過とともに、メンテナンスをしながら、住み継いでいくものだと考えています。
そのため、竣工したあなたのお家に、必ず定期訪問しています。大工道具を持参しているので、その場その場で、建具等の微調整も行っております。特に不具合 がなくても、点検の時に、気になっていることをお気軽にご相談ください。やがて出るかもしれない不具合を、未然に防ぐこともできるはずです。ヒトもお家も、定期的 なメンテナンスが長持ちさせるポイントです。

新築のお客様には、お引渡しの3ヵ月、1年、2年、5年、7年、10年後に定期点検をさせていただきます。建物を維持する為の計画的なメンテナンスのアドバイスもさせて頂いております。

  • お引渡し
  • 3ヶ月点検
  • 1年点検
  • 2年点検
  • 5年点検
  • 7年点検
  • 10年点検

■ メンテナンス日 … お電話にてメンテナンス日の確認・決定

■ 点 検 内 容 … 建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検/ガス・水廻りの点検/外壁・塗装の点検/住み心地について確認

※2年点検以降:一部の補修は有料となります。
※10年点検:構造・躯体以外の補修は有料となります。
※11年以降も通常点検(有償)を行っております。

PAGE TOP