housing guide

introfinancialqualitygroundguarantee
guidance

地盤についての基礎知識

35%は軟弱地盤の宅地?家づくりは安心・安全な地盤から

夢のマイホームをつくるにあたり「どんなプランにしようか」「外観のデザインはどうしよう」「構造は?仕様は?」などなど考えることはたくさんあるかと思います。しかし、そのマイホームを建てる「地盤」の大切さについては意外と知られていません。いくら頑丈な建物を建てても、その建物を支える地盤が弱いと非常にキケンが伴います。

地盤改良工事を行う必要がある軟弱地盤の宅地は、全国平均で約35%というデータがあります。ひょっとすると、あなたが建てようとしているマイホームのための土地にも、思わぬキケンがひそんでいるかもしれません!安心な家づくりのためには、まず、その足もと(地盤)をしっかりチェックすることが大切です。地盤調査から改良までの一連の流れを確認しましょう。

地盤調査・解析
マツケンホームでは、まず地盤の状況を把握するための調査を行います。スウェーデン式サウンディング調査(100kgのおもりを載せてらせん状の先端部を地中にねじ込み地盤の固さを測定)の結果から、現地の地盤・土質・地耐力などのデータから地盤改良工事の必要性を判断します。
地盤改良工事
調査の結果、この地盤はNG!という結果が出てしまった場合は、補強・改良工事を行うことになります。どの工法で地盤改良工事を行うかという選択も非常に重要です。何も考えないで、地盤改良をしてしまうと後で大変なことに!
地盤保証
地盤保証会社の基準に基づいて、地盤調査及び地盤改良工事を経て、現場検査に合格すると、保証が得られます。保証は10年間、5000万円まで。(期間や金額は、保証会社や契約等により異なります)
万一の時の事故の備えとなります。

長崎で注文住宅やプロダクト住宅をつくるマツケンホームでは、安心して家づくりができるよう
品質・健康・財産 という3つの視点で、お客さまの大切な土地の地盤を守ります。


健康・財産を守るエコな地盤改良工法

多くのリスクを解消するHySPEED工法

代表的な地盤改良にセメントを使用するものがありますが、これには「発がん性物質の発生」「地価の下落」「地盤事故」などのリスクが生まれてしまいます。マツケンホームが採用する『HySPEED工法』は、硬化剤を一切使用しない天然砕石のみを活用した地盤改良の新工法です。地盤に孔(あな)を堀り、その孔に砕石を詰め込んで石柱を形成します。まさに天然素材のみを使った、人・環境に優しく、とても強い軟弱地盤の地盤改良工法です。空港の滑走路などの大型工事で採用されているサンドコンパクション工法やバイブロフローテーション工法を、宅地用に施工機器を小型化してローコスト化に成功した工法です。

地盤全体でつくる強度
直径400mmで掘削し、天然砕石を投入します。砕石を投入するごとにハンマーで圧力をかけて、掘削した壁に砕石をくい込ませていきます。最終的には直径450mmほどの砕石杭が何本もでき、杭周辺の地盤も圧密が促進されるので、地盤全体がマイホームを支える強度を備えることになります。
さらに、改良工事の終了後に、設計荷重の3倍で平板載荷試験を行います。これにより仕上がりの強度が確認できるので、安心できます。また、保険会社の保証も受けられます。
地震に強い
十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、砕石を使った地盤改良では大きな被害はありませんでした。
大地震では、地層も境目に沿ってせん断力がかかります。HySPEED工法では、砕石孔はせん断に対して追随することで孔自体の破損は起こりません。また、地盤そのものを強くしますので、地震の揺れによる共振をやわらげる効果があります。
液状化に強い
強い地震があったとき、地盤の液状化は非常に怖いものです。
HySPEED工法の砕石杭は、それ自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があります。何本もつくられた砕石杭により液状化が発生するリスクを低減することができます。
健康と財産を守る
HySPEED工法では、セメントと土を混ぜるわけではないので、発がん性物質である六価クロムが発生することは100%ありません。また、天然砕石のみを使用した地盤改良であり、地中の埋設物(産業廃棄物)扱いにはならないので、不動産売買のときにも取り除く必要はありません。将来、建て替えをすることがあっても、同程度の建物であればリユースすることも可能です。つまり、繰り返し使えることで、地球環境にも優しく、さらに大切な土地の資産価値を下げることはないといえます。
PAGE TOP