日本の美しい家

casa amare

カーサ・アマーレ

受け継がれてきた智恵と技術を享受した形。

日本の風土や文化は長い年月をかけて、美しく、機能性に富んだ「住まい」のかたちをつくり上げてきました。いま、日本の家々はめまぐるしく姿を変え、多様化の道をたどっています。

わたしたち日本人が心から愛することのできる家とはどんな家なのか。それを追求し、たどり着いた答えがcasa amareです。

日本の風土や文化は長い年月をかけて、美しく、機能性に富んだ「住まい」のかたちをつくり上げてきました。いま、日本の家々はめまぐるしく姿を変え、多様化の道をたどっています。

わたしたち日本人が心から愛することのできる家とはどんな家なのか。それを追求し、たどり着いた答えがcasa amareです。

日本人の感性に育まれた、伝統の美しさの中で暮らす。

切妻の屋根は、日本の家のかたちの原型のひとつ。日本人は古くから、三角の屋根の下で暮らしてきました。

casa amareのシンボルは、美しい切妻屋根。この切妻には「大和比」と呼ばれる比率が存在しています。安定があり、もっとも美しく感じられる角度の比率です。

伊勢神宮を初めとする日本有数の建築や仏像などの彫刻にも使われている「大和比」が、家全体のバランスを司り、casa amareの端正な佇まいが生まれました。

テクノロジーとの融合で100年続く暮らしやすさ。

伝統美を継承するだけではありません。casa amareには、最先端のテクノロジーが随所に取り入れられています。

屋根材には耐久性の高い「ガルバリウム鋼板」を採用し、構造を支えるのは「ハラテック21」という金物で、耐震性と耐久性が保証されています。

断熱・気密性能においても次世代の省エネ基準をクリアしています。

木の香りとやわらかな光に包まれて過ごす。

つまり、casa amare で暮らすということは、100年単位で、美しさと心地よさを受け継いでいくということなのです。

清々しい木の香りと、やわらかな光に包まれる、温もりに満ちたやさしい住まいがここにはあります。

PAGE TOP